風呂敷バッグ

「風呂敷バッグ」は東京オリンピックグッズの中でも注目の商品だ。
風呂敷は包むだけではなく、バッグにもなる便利なアイテムと、風呂敷の良さを世界にアピールするきっかけにもなると思います。
東京オリンピックのエンブレムを部分的に大きくしてクロッピングしたデザイン。
ネイビーの風呂敷生地に白地の柄とシンプルで使いやすいデザインとなっています。
風呂敷として扱うこともできますし、付属しているハンドルを使ってバッグとして使える際立つグッズだ。
日本らしさを醸し出して掛かるグッズで、お土産としてもおすすめですし、自分使いにもおすすめのグッズだ。
このように日本らしさを前面に出したアイテムは、外人ツーリストからも人気が高いです。

風呂敷バッグは、東京オリンピックのエンブレムバージョンと、東京パラリンピックのエンブレムバージョンの2種類があります。
素材はポリエステル、持ち手部分はPMMA。
風呂敷としてのサイズは約68cm*68cmだ。
価格は1,944円(税込)だ。

日本の夏らしさをアピール決めるということで、東京オリンピックを「祭り」で盛り上げようと、オリンピックエンブレム模様の浴衣も発売されました。
浴衣によって扇子やこういう風呂敷バッグも一緒に払えるグッズとして登場しました。
東京オリンピックだけではなく、夏の花火大会、お祭りにもこういう浴衣を着て風呂敷バッグを以て出掛けたいと思えるような素敵な商品に仕上がっています。

2018年の夏は、祭りを通して東京オリンピックをPRしようと、「東京五輪音頭」の踊り隊が日本全国のお祭りに参加してPRするそうです。
振付は、東京オリンピックの特設サイトにも掲載されていますので、動画で確認したり、振付シートでチェックしたりすることができます。

風呂敷は、畳んで場所をとらずに保管しておくことができるため、使わない時折畳んでバッグの中に入れて置き、荷物が増えて困ったときにサッと取り出して風呂敷バッグを出しすでに1つのバッグとして払える便利なアイテムだ。
今回はハンドルが付いていますので、ハンドルを使ってバッグにすることができます。
しかし本来風呂敷バッグは、風呂敷1枚だけでバッグにできるため、ハンドルを持ち運ぶのはかさばってしまうという時折風呂敷だけを携帯するといいと思います。参考サイト