糖尿病対策に「フィットライフコーヒー」

毎日一杯の美味いコーヒーが血糖値を下げてくれるなら、誰でも飲んでみたくなります。
そういう糖尿病対策にもおすすめの「フィットライフコーヒー」のご紹介だ。
糖尿病対策、血糖値対策にはさすが炭水化物を控え目にし、食事は腹八分目までに減じ、運動も毎日適度に行うことが基本となります。
もちろんいつまでも健康でいるために、多くの人がこのようなことを心掛けていますが、とにかくなかなか思ったとおりにはいきません。
そこで、毎日の一杯の「フィットライフコーヒー」が役にたちます。
「フィットライフコーヒー」には難消化デキシトリンが豊富に配合されてあり、美味しい珈琲を呑みながら、実は難消化デキシトリンをしっかり摂取することができるのです。
難消化デキシトリンは糖の吸収を穏やかにしてくれるため、食後の血糖値を急激に上げずに抑えることができるのです。
そのため「フィットライフコーヒー」を食事と共に服するため、きちんと血糖値ケアができます。
難消化デキシトリンはトウモロコシを原料にした水溶性の食物繊維なので、腸内でぷるんぷるんの状態になり、便もツルンと排泄するパワーがあり頑固な便秘にもおすすめです。
また無味無臭なのでコーヒーに入っていても、コーヒー独自の味わいなどは一切引っくり返すことはありません。
単に1杯の「フィットライフコーヒー」の中にレタスなら約2個分、トマトなら約4.2個分、ナスなら約3個分、玄米ならお茶わん約4杯分、きゅうりなら6本と、おどろくほどの水溶性食物繊維が含まれているのです。
また「フィットライフコーヒー」はトクホ食品として認定されてあり、2015年には特定非営利活動法人、人間ドック検診協会からも推薦商品認定にあたってある。
どうしても、コーヒー自体とっても質の高いマメをつぎ込み、大きい香りと味わいとなっているのも嬉しいところです。
毎朝パン食と共に飲んでいる人や、食前の一服として飲んでいる人などいろいろですが、いつでもおいしく飲めるところも大きな魅力の1つです。
糖尿病対策のためには間食も避けたいところですが、おやつに美味いコーヒーとお気に入りのクッキーを2つほど食べても問題ありません。
今まで避けていたおやつも、楽しみながら摂ることができ、ゆとり居残る毎日が過ごせるのです。http://www.v-landfestival.nl/