埼玉で美術館巡り

埼玉県内も美術館の数は大いに手広く、都内からもアクセスが良いため利用される人も数多く、ゆっくりマイペースに鑑賞するにはうってつけの埼玉県の美術館をご紹介します!
ひと度メインなのは埼玉県立近代美術館だ。緑豊かな木々に囲まれた美術館は1982年に開館しました。世界的に有名な画家、モネ、シャガール、ピカソなどの絵画を始め、日本の現代作家の作品もコレクションし、親しみやすく芸術に触れられる工夫が沢山いるユニークな美術館だ。中でもグッド.デザインの椅子もザクザク紹介されているため自由に座って館内で自分のお気に入りを見つけ楽しむことができます。教育にも力を入れ、学校と美術館で連携して多種多様な取り組みを行っています。美術館に足を運んだのなら北浦和公園の中ですさまじさを解き放つ音楽噴水にもご注目下さい。公園の中央に付近における噴水は決められた時間になると名曲に合わせ、噴水が大小さまざな噴水が踊る仕組みが楽しく人気のあるスポッチだ。昼間はクラシックでさわやか気分を味わえ、夜はジャズでロマンチックな雰囲気をライトアップと共に演出されるのでワクワクします。
他にも個性的な美術館があります!さいたま市大宮盆栽美術館だ。世界で初の盆栽をテーマにした美術館があります。さいたま市の伝統産業としても名を知る盆栽の文化を伝えるための活動を展開している。盆栽美術館は年間を通じて盆栽の歴史、意義、文化を研究し見晴らした方々が今以上に盆栽に親しみや興味を抱き、市内各所の盆栽園に訪れ盆栽業の魅力を後押しするチームメイトになってほしいという切なる想いがあります。盆栽庭園では40?50種類の盆栽が展示され360度見渡し全ての方向から盆栽に目で見てふれることができます。コレクションギャラリーでは盆栽に強く関わりのある盆器、水石、絵画資料や歴史・民俗資料を取りそろえ学びながら観覧できるのです。
音声ガイド付きで外国からお越しになった方も安心して案内を訊くことができます。これだけ渋くて奥深い日本文化に触れられる美術館はさっそく無いでしょう。子供は退屈するかと思うのですが、子供向けワークショップもあり親子で季節の盆栽作りで一緒に体験しながら生の盆栽を完成させられます。ノーメイクダブルアイズの口コミ【効果ある?効果なし?】ガチ体験談です!