仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨とトークンの違いを説明ください。
仮想通貨は独自のシステムにより、構築された取引システムだ。
こういうシステムはブロックチェーンと呼ばれている。
ブロックチェーンの詳細は仮想通貨ごとに異なっています。
そして、トークンは仮想通貨のブロックチェーンを通じて、売買されて掛かる通貨だ。
わかりやすい表現をすれば、仮想通貨で構築された仮想通貨だ。
例えばビットコインによるトークンがあるとします。
そのトークンの価値はどうして仕上がるでしょうか。
トークンの1単位がビットコインに換算して何単位になるかで評価できます。
ただ、そのトークンを求める人が多くなるとトークンの相対価値は高くなります。
重要なのはビットコイン上の通貨ですから、ビットコインの価値に広く左右される点だ。
トークンの価値が高まっているとしても、ビットコインの価値が下落すれば、相対的にトークンの価値も下落します。
こういう通貨の動きは一般のマーケットと比較すると思い切りわかります。
円相場と国内上場のマーケットだ。
一大会社の株は上昇し、業績の悪い会社の株は下落します。
また、それは為替市場の円の価値によっている。
日本の株を持っている米人にとっては、その株を売った場合どれだけのドルを受け取ることができるかを考えることになるでしょう。
同じようにトークンを売った場合どれだけの円を受け取れるかが重要な指標となります。
これは金融市場ではきわめて当たり前の仕組みだ。
つまり、仮想通貨やトークンは電子技術としてあるだけで、仕組みとしてはこれまでの貨幣による取引とまるで変わりはありません。
ただ、重要なことは国や企業など特定の後ろ盾がない通貨ですから、いつも大きなリスクをはらんで要ることは否定できません。
日本に大きな地震が起きて、日本沈没という事態になれば、円の価値は著しく下落するでしょう。
縁で取引を通じていた株券も紙くず同然になります。
ただ、現実にはこうした事態にはならないと誰もが思っていますから、安心して取引ができるのです。
ビットコインの取引についても同じことです。
企業としてのビットコインが信用されているため、市場が成立していると言えるでしょう。参照サイト