スマート家電は

スマート家電という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
イメージとしてはスマホと家電が一体化したような気がします。
これこそがスマート家電だ。
つまり、家電がインターネットに接続されて、遠く離れていても、操作ができたり状況を確認できたりすることだ。
これはおすすめですよね。
電気代の節約ができるだけではなく、さわやか暮らしを支えてくれる家電となります。
これまでの家電は使用するところ、スイッチを入れなければなりませんでした。
それもすぐ近くでリモコン操作だ。
しかし、スマート家電は会社帰りや買い物中にもスマホさえあれば、スイッチを入れたり切ったり、動いているかを確認したりすることができます。
勿論、スマホに限定されるわけではなく、インターネット接続環境さえあればどこからでもできるのです。
おすすめのアプリはiPhone用、アンドロイド用が提供されています。
メーカーを限定せず、各種家電を操作することができます。
会社帰りにお風呂を沸かしておけば、帰ってから直ちに入浴ができます。
これは非常にさわやか暮らしと言えるでしょう。
仕事疲れを癒す効果も高まります。
省エネや電気代節約といった、目に見えるお得感もあります。
これまでの家電ではできなかったことが、次々実現して来る。
言葉をかけるだけでスイッチが入るスピーカーも注目されていますね。
一つの機能だけにこだわるのではなく、大きい意味での家電にかけていらっしゃる。
将来は家電同士がネットワーク上でコミュニケーションをするようになるでしょう。
そこから新たなオマケが生まれて来る。
日本の家電メーカーは限定された機能を実現することは得意ですが、新たな価値を創造することは不得意だ。
そのため、GoogleやAmazon、Appleなどがスマート家電業界では先行してある。
明確な将来像を描くことができる企業がスマート家電のけん引役となっているのです。
あなたはスマート家電に如何なるイメージを持っているでしょうか。
外国の家電品としていますか。
やはり、国内でもパナソニックを始めとして、多くの家電メーカーがスマート家電に取り組んでいます。
いずれはスマート家電が当たり前の時代が来るでしょう。引用