アメリカのインターンシップの種類

日本のインターンシップは、数日や数週間などの短期もありますが、アメリカのインターンシップは、3ヶ月〜半年のものがほとんどです。出勤は、週に長時間や数日間動く「パートタイム」と、正社員と同じ時間数はたらく「フルタイム」の2つの種類があります。

また、アメリカのインターンシップは、有給インターンシップと無給インターンシップの2つに分けられます。有給インターンシップは早く、ほとんどが無給ですが、自分の希望の業種で実際に動くことができ、その仕事に始めるため、さまざまな知識や必要なスキルを身に付けるチャンスを受け取れるので、無給のものを積極的に選ぶと良いでしょう。一方、有給インターンシップにつては、現状ではあまりありませんが、だんだん増えてきています。ただ、有給ですだけ、企業側が行う審査も厳しくなり、採用されるのも難しくなります。

アメリカのインターンシップに参加するには、語学力や特別な資格などが必要なのでしょうか?インターンシップに参加するために必要な語学力については、最も明示されていませんが、ビジネスで助かる英語力であるTOEIC600点以上は必要だとも言われています。とにかくある程度の英語力が身に付いていないと、如何なる業種もはたらくのは難しいでしょう。

インターンシップに参加するための資格は、特別な資格は必要ありませんが、頼むために3つの条件のうちのどれか一門を満たしている必要があります。それは、「大学・短大に在学中か、卒業してから12ヶ月以内にアメリカへ伺える」「短大卒業以上、一段と、職務経歴が1年以上起こる」「職務経歴が5年以上生じる」という条件だ。学位や職務経歴は、日本で取得したものでも良いです。大学や短大に在学やる方は、インターンシップでの就労は最長12ヶ月で、職務経歴のある方は、最長18ヶ月働くことができます。

アメリカのインターンシップにはどういう職種の求人があるのか紹介します。

ロサンゼルスで経理アシスタントの仕事ができるインターンシップは、請求書の発行を補助したり、入金管理をしたり、クライアント向けの月次レポートを作成したり、経理アシスタント業務を体験できます。月〜金曜日の勤務で土日はお休みで、実働週40時間はたらくことになり、時給11ドルの給与が出ます。

コロンバスの家電メーカーでのインターンシップでは、アメリカで販売する家電製品の返品受付業務の事務を行ったり、倉庫の改善や返品・修理ラインの生産性の改善をしたりやる仕事を体験します。月〜金曜日の勤務で、実働週40時間勤務し、時給13ドルの給与が出ます。

こういうほか、顧客の対応をするカスタマーサポート業務や、ホテルのフロント業務やイベントの企画や運営のアシスタントなどホテルスタッフの仕事など、さまざまな業種のインターンシップ先があります。おすすめ